館山湾で深場釣り

内房館山に、アマダイとムツを求めて出撃してきました。

今週は 土曜まで海外ですが、日曜、月曜は連休です。沖釣会の皆さんは土曜出撃のようですが、我々は私の都合で日曜出撃です。

きむさんにメールです。

「日曜、良さそうですね。外房でも出れそうだけど、この時期は内房の方がいいかな。」

「天気図良さそうですね。イサキ釣りたいけどこの時期どうなんでしょう。勿論内房でも良いですよ。」

「イサキは釣り船も出てるから釣れるのだとは思うけどねえ。外房の方が少し風が強いので、外房の場合は様子見だね。」

「了解です。とりあえず外房・内房両方の準備をしておきます。明日の予報で決めましょう。」

ということで、予報待ちです。

土曜に某国で日本の天気予報をチェックします。

「明後日より明日の方が良さそうです。外房は風が出そうなので、やはり内房かな。風が少しあるかも。」

「了解です。狙いは深場とカサゴで良いのかな?」

「風が強いとアマダイかイトヨリもあるかも。今日出た3.5馬力さんは大きなイトヨリとアマダイとオニカサゴ釣ったそうです。バロンさんはカンパチ釣ってました。深場狙いの義弟はドンコとギスとクロビシカマスだったようです。」

「甘鯛・イトヨリ良いですね。深場より中場の方が良いのかな。いろいろ可能性があって楽しみですね。」

ということで、内房出撃決定です。

 

まずはアマダイ狙い

当日はいつも通り6時集合で現地に向かいます。

運転中に智ちゃんからLINEで写真が入ってきました。ギンメダイです。今日も深場に居るようです。

今週も日曜なのでトラックが少ないようで、順調に到着しました。

到着して準備していると、また写真がきました。これは珍しい、「トウジン」です。深海の外道としては定番ですが、まだ我々は釣ったことがありません。智ちゃんは相当深場狙いのようです。

我々は、今日はアマダイ狙いから開始する予定です。今日は準備も順調で、8時45分には出港できました。

早速、3.5馬力さんに教えていただいたポイントに向かって進みます。

アマダイポイントに到着し、仕掛けを下します。すると、すぐに当たりが出ます。

しかし上がってきたのは、ベラでした。下が岩場のようです。

9:12

そこで、少し場所を変えてみます。魚探を見ながら、底の柔らかそうな場所を探します。

次の場所では当たりが出ませんが、上げてみるとアズマハナダイが付いていました。

9:22

どうも、アマダイは釣れません。きむさんは小型のムシガレイを釣りました。

そのうち、風が全くなくなり、ボートが動かなくなってしまいました。

「これじゃあ、アマダイ狙いは難しいね。深場に行く?」

「そうだね、折角風ないし、深場に行こうか。」

ということで、10:00時に深場転戦です。

 

深場もイマイチ

深場に行ってみると、智ちゃんがいました。

「どう?」

「ドンコとぎすばっかり」

ということで、苦しんでいるようです。

早速我々も釣り開始です。

しかし、今日は当たりが出ません。

きむさんはいつも通り、シロムツを釣っていますが、私の方は、久々のヒレタカフジクジラだけです。

11:08

ユメカサゴが釣りたいな、と思い、仕掛けを底まで落としてみると、ドンコと小型のユメカサゴが上がってきました。

11:33

どうも底はドンコが多そうです。きむさんもドンコを釣っています。

そこで、少し仕掛けを浮かせてみることにしました。魚探に反応が出ている200m付近を狙います。

すると、シロムツがかかりました。

12:04

その後、さらにシロムツを二匹追釣しました。

12:34

しかし、このころから少し風が出て、深場が釣りにくくなってきました。

そこで、またアマダイポイントに戻ることにしました。

アマダイポイントは外道だらけ

さて、アマダイポイントに戻って竿を出すと、こちらには当たりが出ます。

しかし、外道ばかりです。オキトラギスの猛攻で、餌がすぐになくなります。

 

そうこうしているところに、ボートが一台近づいてきました。

知り合いではありませんが、釣果の情報交換に来られたようです。あちらもダメのようでした。

その方が乗っていたボートは、シュガーレーマリン社の「123トンボーイ」というボートで、私が今狙っているボートです。

このボート欲しいなあ・・・・・

結局きむさんが最後に美しいトゲカナガシラを釣って、今日の釣りを終えました。15:00には着岸しました。

今日の釣果

ということで、今日の私の釣果はシロムツ3、ユメカサゴ1、ドンコ1、ヒレタカフジクジラ1(リリース)、ホシササノハベラ1(リリース)、オキトラギス数匹(リリース)でした。写真にはきむさんの釣果も入っています。

途中から、カメラのレンズが曇っているのに最後まで気づきませんでした。

自宅に帰ると、今回も家内が刺身を食べたいというので、シロムツを刺身にしました。これはなかなか良い味でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください