鹿島の浜で夜釣り

今週も夜釣りしかありません。今週はカニを探しに行ってみることにしました。キス、イシモチ探しも兼ての、鹿島灘の浜での夜釣りです。

鹿島灘夜釣り計画

釣り物のない最近の状況で、今週も行き先に悩みます。

「Gakuです。梅雨明けしたね。昼間は暑くて釣りにならない気がするけど、どうしますか?金曜か土曜の夕方~夜なら行けます。行くところがないけどね。鹿島でイシモチリベンジか浜でキス?」

「きむです。情報はいろいろあるんだけど日中は暑いよね。候補としては1.鹿島港リベンジ、2.鹿島灘の浜から石持&カニ、3.お休み のどれかかな。」

「Gakuです。浜からのイシモチとカニは私も思いました。夕方から行って、それかなあ。」

「きむです。やっぱり浜ですかね・・・。ウェーダーだと暑いかな? この時期は蚊に刺されるから肌はあまり出したくないです。特に夜だし。」

「Gakuです。ウエーダーでも、海に入ってれば大丈夫では? 確かに水着は危険そうだね。」

「きむです。今回は現地集合かな。現地何時位にします?」

「Gakuです。イシモチは暗くなり始めたときだよね。5時だと早い?6時頃かな?キスもやるなら、もう少し早く?」

「きむです。濁り次第で日中でも釣れるので時間は何とも言えませんね。普通に夕まづめ狙いなら5時着で十分だと思います。ところでカニ網用の身餌、Gakuさん残ってます?」

「Gakuです。身餌は死ぬほどあるよ。10回はカニ釣りに行けるよ(笑) また持っていきます。じゃ5時で。」

ということで、夕方5時開始のイシモチ・カニ狙いに出撃することが決まりました。

今回は慎重にイシモチ狙いの投げ竿袋と、カニ狙いのカニ専用竿袋を積みます。

仕掛けは一応イシモチセットとキスセットを持っていくことにしました。



きむさんは既に釣り開始だが

この日は鹿島スタジアムで大きな試合があるようで、鹿島市内が大渋滞です。

その渋滞を避け、5分遅れで海岸に到着です。

きむさんは勘違いで4時に到着したようで、既に釣っており、メールで左側にいるとのこと。左の遠くに一人釣り人が見えます。そこに向かいます。

と、すぐにメールで右側とのこと。右側を見ると、釣り人がたくさんいます。きむさんがどれだかわかりませんが、入る場所がなさそうです。

私の狙いは暗くなり始めてからなので、当面急ぐ必要はないと、真ん中の突堤に見学に行ってみることにしました。

突堤にもぽつぽつと釣り客がいますが、釣れてはいないようです。

私は誰もいない端の方に行って、折角なので、一本だけ竿を出してみることにしました。

イシモチ仕掛けのぶっこみです。

前回忘れてきた鈴も今日はあるので、鈴を取り付け、休憩モードです。

すると、鈴が鳴ります。

釣れたのは、何故かイシモチではなく、小型のキスでした。

キスがいることが分かったので、投げ竿仕掛けを作り、キス釣りをしてみます。

しかし、キスの当たりはありません。

とりあえずきむさんにはメールをしておきます。

「きむさんがどこにいるかわからない。 右は人が一杯で入れそうにないので突堤に入って様子見してる。 左はがら空きだね。」

「4人目位が私です ここから先ルアーだから帰るよ。突堤で釣ってるの?釣れてる?」

「イシモチ仕掛けにチビキスが来た。突堤にどんどん釣り人が来る。なぜだろう。あ、先端でイシモチがつれ始めた。みんな浮き釣り。」

この頃、放置してあった、イシモチのぶっこみ仕掛けの鈴がまたなります。

今度は小型のイシモチでした。

イシモチでも、キスでも、釣れると楽しいですね。



折角なので釣り見学

突堤に次々に来る人は、先端でイシモチ釣りのようです。

この釣り場の先端での浮き釣りはあまり見たことがないので、様子を見に行くことにしました。

行ってみると、みんな浮き釣りで、テトラ際の濁りの中を狙っています。根がかり覚悟の厳しい釣りです。

見ていても、釣れる数よりも根がかりの方が多そうです。

ということで、この釣りは無理だと諦め、戻ります。

しかし、一本だけぶっこんだ竿にも当たりが無くなります。

仕方がないので、近くの釣り人の見学です。

一人はカニ餌、もう一人はオキアミ餌です。カニ餌の方にはなにも来ず、オキアミ餌の方にはサバやフグが掛かっていました。

「今日は釣れんだろ。」

「そうですね。全然だめですね。」

「そこにスナメリがおるから。」

「え、スナメリですか?」

と言われて海面を見ていると、確かに小型のスナメリです。こんな浅いところまで来るのですね。これではイシモチもキスも逃げてしまいますね。

浜の方を見てみると、きむさんの横にはまだ釣り人がいそうです。メールしてみます。

「目の前でスナメリが泳いでる。魚逃げるね」

「例え釣れても突堤は私はいけないな こっちは南みんな帰ったよ ガクさんはずっと突堤で釣る?」

「今は釣ってない。みんな帰ったらカニ釣りに行こうと思って待ってるけど、なかなか帰らないねえ。」

「イシモチ釣れた。小さいけど」

ということで、きむさんの傍も空き始めたようなので移動です。

ここまでに釣れたキスとイシモチは、まだ元気だったので、リリースすることにしました。



カニ釣り開始だが・・・

19:00頃、浜に移動して、カニ釣りを開始します。

カニ網を投げ込んだ後、イシモチ仕掛けの竿にも餌を付けて投げ込みます。

すると、このイシモチ仕掛けの鈴が鳴ります。イシモチが釣れました。

浜にもイシモチがいるようです。

予想外のイシモチで、入れるものを準備していなかったので、砂の上に放置して水を汲みに行っている間に弱ってしまいました。

これではリリースできないので、持ち帰り用に、あと何匹か釣りたいところです。

カニの方は、どうしても網が沖に出ません。

すぐに打ち上げられて戻ってきます。

イシモチ竿の方は、時折鈴が鳴って、カラブリも多いものの、時々イシモチが掛かります。

きむさんの方も、ぽつぽつとイシモチを釣っているようです。

しかし、21時前には当たりが止まってしまいました。

餌もなくなったので、納竿としました。

結局カニ網には何も掛かりませんでした。



今日の釣果

ということで、今日の釣果は、イシモチ6匹(一匹リリース)、キス1匹(リリース)でした。

写真のイシモチはきむさんの釣ったものも一緒になっています。

まあ、久々にイシモチの塩焼きが食べられたので、良しとしましょう。




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください