一日遅れで館山湾は激変

今週末は土曜も日曜も良い天気に恵まれました。ただ、土曜は午後少し風が出そうな予報だったので、日曜に出撃することにしました。前日の土曜は色々なものが釣れたという情報が入ってきたので、ワクワクしながら館山湾へ向かいましたが、一日違いで全く違う状況になることを痛感しました。「早い者勝ち」は釣りでも起こるのですね(笑)

いつ行くか

今週末は久々に良い天候です。土曜でも日曜でも出れそうです。両日出られるなら、翌日ゆっくり出来る土曜に出たほうが快適なのですが、天気予報を見ると、土曜は午後一時的に強風の予報が出ています。波も日曜より土曜の方が高いようです。

「Gakuです。明日でいいですか? 明後日の方が状況はよいかも。 でも、明日でも午前中は問題ないです。」
「きむです。 日曜の方が良いなら日曜行きますか?」
「みんなは土曜なので、土曜に出れればその方がいいんだけどね。 日曜の予報が悪くならないとは限らないし、難しいところです。」
「私の方はどちらでもよいですよ。」

ということで、天気予報を待ちます。金曜の午後二時に決定です。3.5馬力さんとbaronさんは土曜出撃のようですが、草刈エンジンさんとKさんは日曜になるようです。

「Gakuです。最新の情報でも、明日も日曜も午後は風が強いです。 ただ、日曜の方が少し弱いかな。午前中はどにらも快適そうです。 明日は波が高いので、やはり日曜にしますか。…」
「きむです。 了解です。 波は無いに越したことはないですね。 では日曜にしましょう。」

ということで、日曜出撃が決まります。

日曜に出ることにすると、土曜に出た人の情報が入手できるのは良いポイントですね。

土曜に出たbaronさんは好調です。マダイ、太刀魚などを釣り、イトヨリが邪魔なほど釣れたようです。中でも驚きはこの魚。

スズキに似てるけど違う魚が釣れたということで、写真を送ってもらったら、確かにスズキではありません。

欧州のBarやMigreに似ていますが、太平洋にいるはずがないですね。ニベにも似ていますが胸鰭が短く、尾びれの湾曲具合が違います。これは私は釣ったことはありませんが、オオニベですよね。最大で1.5mを越える魚ですが、これはまだ子供サイズですね。図鑑に追加するために写真を送ってもらいました。

深場メインの3.5馬力さんは定番のシロムツやユメカサゴ、それに大型のクロシビカマスを釣ってて、どうもエチオピアはまだ来ていないようです。

夜にごとうさんからも情報が入ります。カイワリやハタを釣られたようで、皆さん好調です。これは期待が持てそうです。

日曜はいつもどおりの時間に出発です。




向かう途上でKさん爆釣情報

「深場にエチオピアは居ないっぽいけど、今日の狙いはシロムツだっけ?」

「うん。いつもシロムツは刺身で食べてたんだけど、前回塩焼きにしたら美味しかったから、干物を作りたいんだ。」

「シロムツの干物は美味しいよ。イシモチに勝てるよ。バロンさんがイトヨリ沢山釣ったみたいだから、イトヨリでもいいね。」

ということで、高望みはせず、シロムツとイトヨリが今日の狙いです。

館山に車を走らせていると、今日の早朝から出ているはずの草刈エンジンさんから大きな鯛の写真が届きます。Kさんが釣ったようです。さすがですね。

さらにしばらくすると、「ただ今Kが大物と格闘中」というメッセージが入ります。で、その後続報が入りません。

よほど大きいのと戦っているんだろうね、ときむさんと話していると、写真が来ました。1m近いブリです。これは時間がかかるはずですね。

Kさんのジギング技は凄いですね。

ワクワクしながら港に向かいます。

到着してみると、既に一艘は出航済みで、もう一艘、トレーラブルボートが停まっています。

牽引車両にボートの文字があるので、ボートやさんかな、と思って話しかけてみたら、本当にボートやさんでした。小林自動車という会社のマリン部門ということで、自分で作ったボートで釣りに来ているそうです。HPもあるようですね。

KOBAYASHI MARINE KJ-BORT

なかなかカッコいいボートでした。




館山湾が混雑??

出航は8:45でした。

港から出てみると、館山湾上に船がたくさん浮いています。どうも漁船のようです。

よく見ると、2艘で魚を巻き込むまき網漁船とその支援漁船群のようで、それも2組は出ているようです。ほぼ漁は終わったところのようで、まき網漁船は港に戻りつつありました。早朝、日の出とともに漁をしたのでしょう。

これで、バラ根より手前の30mラインの魚は殲滅した可能性が高いですね。湾内に高級魚であるイトヨリの群れが入ったとの情報で、日曜にもかかわらず、大船団の出漁となったのでしょうか。ボートを走らせるのに苦労するほどの混雑でした。網が入ってしまっては、今日の浅場のイトヨリは諦めるしかありません。一日違いで残念でした。

(その後、この巻網漁船団は寅丸さんではないか、との指摘を頂き、調べてみると、館山の巻網軍団として寅丸さんは有名なようです。いろいろ取っているようですが、この時期は鰯を狙ってるようです。で、後から出てくるかつお漁船に餌として供給するようです。)

この混雑を抜け、草刈エンジンさんとKさんの陣中見舞いに向かいます。

予想通りの場所に浮いていました。

早速釣果を見せていただきました。タイとブリです。タイはタイトル画像のほうに写っています。

ワラサでは無く、ブリと呼べるサイズは、いいですね。

Kさん、ジギンガーの本領発揮です。草刈エンジンさんは釣らせる船長さんに徹しているようですね。

「どうする? ここで釣る?」

「なにに狙うの?」

「イトヨリとか・・・」

「魚探に魚影はある?」

「無いねえ・・・深場に行こうか」

「そうだね。」

ということで、我々は深場に行くことにしました。




深場はあたりが少ない

9:00頃深場に到着です。

「何メートルからやってみる?」

「今日は250mかな。」

「じゃ、250m辺りを流してみよう。今日は風が弱いから流せるよ。」

ということで、最初のポイントを決め、釣り開始です。

しかし・・・当たりがありません。魚探に魚影も出ません。

海は平穏で、快適なのですが、潮の方向と風の方向が逆なので流し釣りだと、糸が斜めにでて底がとれません。

さらに、今日は時折大きめの船が高速で入港してきます。

この船の引き波がすごいのです。

ちょうど横からあたるので、船が大きく揺れます。今日はこのタイプの船が一時間おきくらいに4~5隻入港してきました。

(これがカツオ漁船だったようです。高知などから出たカツオ漁船は、カツオを出荷して、餌の鰯を買うために館山湾に来るのだそうです。)

魚のほうは、きむさんが小さなリリースサイズのユメカサゴを釣っただけで、当たりが無いので、場所代えです。




魚影がある場所で白黒むつ

次に入った場所では、魚探に魚影が出ます。

先に投入したきむさんに小さな当たりがあったようで、巻き上げます。

上がってきたのは、クロムツとシロムツでした。

「やっぱり魚探に魚影が出る場所のほうがいいね。」

「そうだね。ここなら釣れそうだね。」

ということで釣り続けますが、やはり糸が斜めに出で底が取りにくい状況は変わりません。やむなくi-pilot出で止めて釣ることにしました。

その作業の間放置した私の竿に根掛かりのような当たりです。でも動きます。

「鮫がかかったよー」

「お、上げてね」

ときむさんに言われましたが、ハリス切れで上がりませんでした。

「まあ、鮫は早く切れた方が幸せだよ」

ここで電話が鳴ります。電話は以前紹介した、赤いtomboyのオーナーのsplashさんでした。

「こんにちわ。Gakuさん、今日出てますよね?」

「出てますよ。そちらも海上ですか?」

「馬面ポイントにいたら、Gakuさんが沖に出るのが見えたので電話しました。今日はゴムボートで出てるんです。」

「あ、そうなんですね。あとで、そっちにも行きますよ。」

と情報交換しました。

その後、私にもシロムツが釣れました。今日はシロムツのサイズはいいのですが、数が出ません。

ここで、ゴムボートが走ってくるのが見えました。splashさんが、わざわざ来てくれました。お土産の馬面やアジを確保したので、上がるそうです。

「アジがいたんだね。馬面ポイントにアジ釣りに行こうか。」

「そうだね。ダメならまた深場に戻ればいいね。」

といっているところに、きむさんに当たりです。

私にも当りが出ました。

きむさんの獲物はシロムツでしたが、私の方はうれしいクロムツでした。

これで深場を終えて馬面ポイントに移動です。




遊漁船が大接近

11:40にウマヅラポイントに到着です。

イサキと思われる群れはあります。しかし、私に釣れるのは馬面です。

まわりには遊漁船が二艘います。我々の回りをくるくる回ってポイント探しです。

乗客の釣り方を見ると、カワハギ釣りの船のようです。好天の日曜なので満員御礼という感じでした。しかし、この時期にもカワハギ釣りの遊漁船が満員になるほどカワハギ釣りのファンって多いんですね。

(と思ったのですが、ごとうさんから、あれはマルイカですよ、と教えていただきました。確かに勝山の萬栄丸のHPを見ると、マルイカ船ですね。空中でたたいたり、小突いたりして、見た目のつり方がカワハギにそっくりなので、遠目だと間違いますね。)

さて、しばらくして、きむさんがイサキを釣りました。そこで私も狙ってみると釣れました。

しかしこの後はまた馬面です。そこで、馬面はリリースできるように、生け簀に入れ、私は電動ジギングをしてみることにしました。

一度だけ、なにか掛かったような気がしたのですが。単なる根掛かりだったかも。ジギングは難しいですね。

「釣れないねえ。」

「この前私がハタ釣ったポイント行ってみる?」

「ハタは偶然釣れただけでしよ?」

「でも、アジが居るかもよ」

「あ、そうなんだ。遠いの」

「結構あるけど帰り道だよ」

「じゃ行こうか。」

ということで、また移動です。




ハタポイントでもイサキ

14:18にハタポイントで釣り開始です。魚影はあります。

早速きむさんが釣ってくれました。イサキです。

このポイントにもイサキが居ることが分かりました。

私も一応餌を入れてみますが、私の方は馬面です。

生け簀が馬面で埋まってきました。

生け簀の中では横になって今にも死にそうな馬面ですが、リリースすると元気に底に潜っていきます。浅いところでは浮き袋の調整ができないのでしょうか。

電動ジギングにはなにも来ません。

きむさんの方もイサキが掛からずに馬面が掛かるようになってきたようです。風もだんだん強くなってきました。

「最後にイトヨリ狙ってみようか」

「いいよ」

ということで、イトヨリポイントに移動し、オートパイロットで少しずつ動きながら探りますが、何も釣れませんでした。やはりイトヨリは捕獲されてしまったようです。

結局14:50に納竿して港に戻りました。




今日の釣果

ということで、私の今日の釣果は、クロムツ1匹、シロムツ2匹、ウマヅラ6匹(5匹リリース)、イサキ1匹でした。

夫婦二人の夕食のおかずにはぴったりの量です。クロムツとウマヅラが刺身に、イサキが叩きになり、シロムツとクロムツの頭、それにウマヅラの卵が塩焼きになりました。

今日は新しい獲物が釣れると思ったのですが、いつもと同じ結果になり、残念です。次回は深場とウマヅラポイントを封印して、カサゴでも狙おうということになりました。

 




Follow me!

一日遅れで館山湾は激変” に対して 10 件のコメントがあります

  1. ステキチ より:

    こんにちわ~

    安定のウマズラでなぜか安心しました(笑)
    次回、深場とウマズラ封印とのことで、ワクワクしています。
    爆釣したら真似する気満々ですので爆釣祈願してますよー

  2. Gaku より:

    ステキチさん、コメントありがとうございます。そうなんです。結局いつもと変わらない釣果で悲しいです。
    でも、私が一時間以上ジギング(電動ですが)を継続できたのは初めてのことですので、出た価値はあったのではないかと思います。
    次回はジギング竿に魂を入れるべく頑張りたいですが・・・第一土曜日ですねえ(;_;)

  3. splash より:

    Gakuさんキムさんお疲れ様でした。教えていただいた鯵ポイント黒くて太い鯵脂がのってて美味しかったとの事。イサキは釣れませんでした。次回リベンジ頑張ります。

  4. Gaku より:

    splashさん、コメント有難うございました。そうそう、Oさんではなくsplashさんと書くべきでしたね。修正しておきます。
    アジが釣れてよかったですね。あのポイント、アジも確実に廻ってくるのですが、なかなか今年は安定しませんね。私はなぜかウマヅラに好かれててダメです。イサキはウイリー仕掛けに、アジはサビキ仕掛けにすればウマヅラ地獄から逃れられるのは分かっているのですが、エサ釣りは多様な外道が来るので、それが楽しみで止められません。で、ウマヅラばかり釣ってては駄目ですね(笑) 次回は違うの釣って見せます!!

  5. sai より:

    Gakuさん、釣行お疲れ様でした。
    海は不思議ですね、本当にわかりませんね?でも釣果は安定しているんで羨ましいです。
    私は坊主が結構な頻度であります。
    州の崎廻って白浜行きましょう。

  6. あひ より:

    こんにちは~♪

    私も同じ日曜に出していたのに、完全丸坊主。この差は何ざんしょ?
    すべてが裏目に出てるようで、なすすべなしの糞詰まりです。
    それでも懲りずに通い続けるんですけどね

  7. 草刈E より:

    ガクさんお疲れ様でした
    スプラッシュさんから聞きましたがあの日は、皆まともな釣果を上げられずにいる中Kが大物あげた情報が館山中を駆け回った。と、
    又、「草刈Eさんは、いつもかっ飛ばしてますねー。」と、
    今週末、梅雨前最後のつもりで館山に出ます。今回はすれ違いになりますが又、よろしくお願いします。夏はマッタリゴムボートに切り替えましょうね!

  8. Gaku より:

    saiさん、コメントありがとうございます。我々の釣果は低位安定で変わり映えしなくて悲しいです。アカムツでもいれば、ちょっと威張れる?のですが(笑)
    saiさんの方は、変わらぬ積極釣行ですね。なかなか外房の波に立ち向かう元気が出ませんが、梅雨イサキは釣りに行きます。お会いできるのを楽しみにしていますね。

  9. Gaku より:

    あひさん、コメントありがとうございます。あひさんと我々とでは狙ってるものの難易度が違いますから、全く比べ物にならないです。日曜は草刈エンジンさん船長のKさんブリが光ってたようですね。私も電動ジギング一時間しましたが、無反応でした。次回は電動タイラバ二時間に挑戦します。餌釣りとタイラバ一緒にやってもだめな気がしますが・・・(笑)
    また海上でお会いできるといいですね。

  10. Gaku より:

    草刈Eさん、日曜はお会いできて、立派な釣果も拝見できて(Kさんのですが(笑))、ちょっとジギング熱が出てしまいました。ま、駄目でしたけど。
    今週末は土曜が第1土曜で出せないので、我々は悩み中です。でも、土日は良い感じなので、どこかでは釣りたいですね。
    夏は確かに9時には上がりたくなる気温ですよね。実は、ボート夜釣りできないかな、なんて思ってます。夜釣り禁止エリアが多いので難しいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください