快適な釣り日和だけど貧果に終わる

毎週末台風などで、なかなか釣りに行けません。ここのところ、毎月1回のペースですね。おまけに、9月下旬には体調を崩して釣り禁止令が出たりしてましたが、何とか復活しました。予報では風が心配な天気でしたが、ゴムボート時代と違って、10m未満の風なら風が強くて戻ってこれなくなるようなことはないので、風裏を探して釣ればなんとかなるかな、ということで出撃してきました。結果的には予想外に快適な釣行となりましたが、釣果は少なく惨敗でした。

風に悩みつつも出撃決定

週の中頃から、出撃の相談です。しかし、この週末は土曜が第一土曜なので、いつもの館山湾には出ることができません。

「きむです。 今週はまた台風が同じコースで来るみたいだからだめかな?」
「Gakuです。 確かに日曜はだめそう。土曜が最高なんだけど、第一土曜は出れないからねえ・・・土曜にゴムボートで出る?(笑)」
「きむです。 何気に第一土曜が出れないのは釣行回数に響いてますね。 ゴムボートは体力的にちょっと厳しいかな・・・。」
「Gakuです。 やはり土曜が絶好です。でも、銚子は波がありそうです。日曜はダメそうです。」
「きむです。 土曜は予定が入ってしまったので駄目です。台風が早く抜けてくれると良いのですが。台風、当初の予報より加速しているので行けるかもしれませんね。」

と天気予報を待ちます。土曜には、3.5馬力さん、バロンさん、草刈りEさんが浜から出撃です。

「Gakuです。台風、動きが早すぎて、予報が悪くなってる。いまのところ風は一日中4m。さて、どうするか悩むね。今日みんな出漁中!」
「きむです。4Mなら何とかなりそうですね 皆さん出漁中ですか 結果が楽しみです」
「Gakuです。気象庁予報は終日4-5mだね。陸からの風なので、湾内なら大丈夫かも。海快晴予報では8mになってるのが少し気になる。風は意外と強いかもね。」
「きむです。YAHOOの予報だと明日は午前中は2~3Mで午後4Mです この差は何だろうね Yahooの予報を見る限りは明日は良さそうですが・・・ とりあえず明日は行ってみますか?」
「Gakuです。まあ、遠くにいかなきゃ大丈夫かな。行くだけ行きますか。」
「きむです。了解 深場とアジイサキセットで良いよね?」

ということで、出撃が決定しました。

当日は、いつも通り我が家を出発。車中で作戦会議です。

「今日は何を狙う?」

「風が強そうだから、沖には行きにくいかも。」

「できれば近くの深場には行きたいな。」

「そうだね。ただ、風が強いとipilotでは止まれないから、その時は浅場でアンカリングだね。」

「ウマヅラポイントは?」

「今日は陸からの風だから、あの辺りは波が高そう。カワハギ狙いなら風裏なんだけど、アサリ餌持ってこなかったなあ・・・」

「みんなはどこで釣ったの?」

「浅めの深場じゃないかな。みんなマイクロジギングだよ。」

「それって、普通のジギングとどう違うの?」

「ネットで調べたら、タングテン製の小さなジグを使うらしい。」

「タングステンだと高そうだね。」

「うん。買おうかと思ってネットで調べたら2000円とかして、どう見てもこのジグの獲物は魚じゃなくて人間だなあ・・・・って思ったら、買えなくなっちゃった。」

「ダイソーの100円ジグじゃダメなの?」

「3.5馬力さんは100円ジグで戦ってたけど、駄目だったらしいよ。」

「そうなんだ。でも一個2000円は買えないね。」

「だよねえ・・・」

などと言いつつ、館山を目指します。




saiさんと再会

「今日は他に誰か来てるかなあ・・・」

「風の予報が悪いからねえ・・・」

と話しながら、現場に到着。すると、オレンジのハンマーヘッドが停まっています。

「あ、Saiさんが来てるよ。」

ということで、久々にsaiさんに会うことができました。心配していた風は意外と穏やかです。

「Gakuさんたちは、今日は何狙いですか?」

「風が強いって予報だったので、湾内かと思ってたけど、この風ならどこでも行けそうですね。」

「ですよね。相模湾くらい行ってカツオ釣ってこようかと。」

「saiさんは遠征が得意ですね。でも、釣ってる時間より走ってる時間のほうが長くないですか?」

「いやいや、意外と近いんですよ。走ってるのは30分くらいですよ。」

「へえ、そうなんだ~」

などと話しつつ出港準備です。しかし、ここで忘れ物が発覚です。

「Gakuさん、僕の魚探がないよ。」

「え? あ、持ってくるの忘れた~~。ごめんごめん。」

「まあ、なくても何とかなるけどね。」

「やっぱり月一の出航頻度だと忘れ物が出るねえ。」

ということで、今日はきむさん用の魚探は無しで出航です。




深場直行

今日のトップ出航は、先日も来ていた「鱚」さんでした。

saiさんたちも出航していきます。

我々は8:30前に出航となりました。

「どこに行く?」

「風がないうちに深場かな。アジポイント確認してからね。」

「じゃ、アジポイントで魚探に魚影が写らなかったら、釣らずに深場行こう。」

といいつつアジ釣り場に。しかし、予想通り魚影はありません。深場に直行です。

海は意外と良い海況です。風は問題ありません。波がちょっと高いので、酔い止めを飲むことにしました。

写真には左に「鱚」さんのPFが、右にsaiさんのハンマーヘッドが写っています。「鱚」さんは今日も深場狙いのようですね。saiさんは遠征するようで快走中です。

さて、8:45分には釣り開始です。深場です。しかし、前回のような当たりは出ません。

しばらくすると,少し重くなりました。上げてみると、シロムツが2匹釣れていました。

9:07

「シロムツが居るなら一安心だね。」

ときむさんもシロムツを釣っていますが、当たりが少なくあまり釣れません。

その後きむさんがギスを釣ったりしましたが、あまりにも釣れないので場所移動です。

10:30に前回の釣り場に移動しました。

ここでもなかなか当たりが出ませんが、やっとシロムツの群れを見つけます。

小さな当たりが出るようになったので、シロムツと確信して追い食いを待ちます。

で、上げてみると・・・・

11:28

一匹は頭だけになって上がってきました。追い食いを待っている間に、下の獲物がサメに食われたようです。

30分後、またも同じことが起こります。半分の魚が2匹釣れたので、合計一匹になりそうですが、頭しか残ってないので、0ですね。

12:06

結局このポイントではシロムツがポツポツと釣れただけに終わりました。

「シロムツしかいないね。どうする?」

「オプションは?」

「70mでオニカサゴとアマダイ、30mでアジ待ち、漁礁でハタ狙い、もっと深い深場に行ってアカムツ狙い。」

「その中だと深場かなあ・・・」

「きむさんは深場が好きだねえ。」

「深場は魚が居れば食うからね。」

「あ、ウマヅラポイントに久々に行ってみるってのもあるよ。イサキかアジがいるかも。」

「じゃあ、それにしようか。」

ということで移動です。




ウマヅラポイントでウリボウ発見

12:30にウマヅラポイントに移動です。

まずは昔アジを釣ったあたりで魚探をチェックします。すると、魚の群れが居ます。

「群れがいるよ。釣ってみよう。」

「了解」

ということで釣り開始です。

「お、何か掛かったよ。」

ときむさんがすぐに釣ってくれます。

「なんだろう。イサキかアジだといいねえ。」

「なにかなあ・・・あ? イサキだけど・・・」

ときむさんが釣り上げたのかかわいいウリボウイサキです。

「お、イサキがいたね。でも小さいねえ。」

「大きいのは居ないかなあ・・・」

ということで、釣り続けますが・・・私にも小さいイサキしか来ません。

きむさんにはウマヅラです。

「ここ、小さいイサキしかいないから、移動しようか。」

ということで、場所を移動しますが、私に釣れたのはウマヅラ。

イサキはなかなか釣れません。

エサが舐めるように取られてなくなるので、下はウマヅラが多そうです。

その証拠に・・・・

13:57

針が尾びれ近くに刺さった擦れで上がってきました。仕掛けの周りにウマヅラがうようよ居るようです。

ここで、saiさんがやってきました。

13:58

「どうですか?」

「駄目です。深場もシロムツしかいないし、ここもイサキはなかなか釣れなくて、ウマヅラです。そっちは遠征どうでした?」

「我々も途中で目的を変更してカワハギ釣りしてきたんですよ。」

「あ、そうですか。」

「ここも駄目なら、アオリでも狙いに行くかな・・・」

ということで、saiさんは去っていきました。

「我々はどうする? 駄目っぽいよね。止める?」

「そうだねえ。止めてもいいけど・・・」

「じゃ、帰りつつ、70mとアジポイントに寄ってみよう。」

ということでまたも移動です。




70mは外道の山かな

次に入ったのは70m。仕掛けを下ろすと、早速当たりが出ます。

でも、小さい当たりです。上がってきたのはタマガシラでした。

14:23

「この時期は、この深さだと外道の山かな。」

「そうだね。だからみんなジギングなんだよ。」

「エサ釣りには向かない時期だね。」

ということで、このポイントは即座にあきらめ、アジポイントに行ってみます。

アジポイントでは、アジっぽい魚影が魚探に移ります。

「何か居るっぽい。釣ってみよう。」

と釣り始めますが、なかなか食いません。

しばらく釣っていると、やっときむさんに何か掛かります。

「なに? アジかイトヨリだといいなあ・」

「何かなあ・・・あれ?走るからカツオかな」

「あ、サバだよ。」

ということで、掛かったのは40㎝ほどのマサバでした。

「Gakuさんが食べるなら上げるよ。」

「う~~ん、秋サバにはまだ少し早いかな。エサ用に冷凍しようか。」

ということで、このサバで納竿としました。




今日の釣果

今日は残念ながらいまいちの日でした。私の釣果はシロムツ8~9匹(小型2匹リリース。2匹は頭だけ。)イサキ3匹、ウマヅラ2匹、タマガシラ1匹でした。

持ち帰りはシロムツ4匹とウマヅラ1匹で、家内から「ちょうどいい量だね」と褒められました(笑)

まあ、シロムツの塩焼きは魚の塩焼きの中では最高の部類だし、ウマヅラの刺身も美味しいので、満足の夕食でした。

おまけ

以上で釣行記は終わりですが、最後に恒例の買い物シリーズです。でも今回は釣り具ではありません。

私は昔から童顔で若く見られるので、白髪が出てきて年相応に見られるようになって嬉しかったのですが、夏にふと不安になります。

「白髪だと頭皮の地肌が焼けやすいのではないか?」

実は昔、帽子をかぶらずに釣りしてて、地肌が焼けて禿げたことがあるのです。白髪はいいけど、禿げるのは避けたいという思いがあり、髪を染めてみるか・・・と思っていたところに、これが発売されました。

黒髪の成分であるメラニンを追加して白髪を染めるという新技術の製品です。普通の染髪薬の倍以上の値段らしいのですが、これまで染髪剤は買ったことがないので、高いのか安いのかよくわかりません。で、イノベーションの単語に弱い私としては、こういう新技術は使ってみたくなります。ということで、購入して使ってみました。

でも、ケチって、規定量の半分以下しか使わないので・・・なんだかいい感じです。使ってる量が少ないせいか、ちょっと茶髪気味に染まりますが、日焼け止めには十分な感じです。メラニンがだんだん染み込んでいくような感じがして(本当は髪の毛の表面に付着しているだけだと思いますが)、嬉しいです。

ということで、釣り具ではないけど、釣り関係のお買い物でした。

さて、来週は行けるかな。10月は後半2週は仕事で釣りに出れないので、何とか出たいところですが・・・




Follow me!

快適な釣り日和だけど貧果に終わる” に対して 6 件のコメントがあります

  1. すてきち より:

    釣行お疲れ様です!

    いまいちと言いつつも数つってる!ボート釣りだとこれで貧果とは贅沢です。

    タイムリーなことにイサキのジギングをやってみようかなーなんて思っておりました。
    ジギングだと大きなサイズなのでイサキには良いかもしれない!
    って考えてましたがタングステンジグじゃないと釣果が伸びないらしいとは・・・
    一個2千円オーバーとか根の多い外房じゃ怖くて使えない(笑)

    自分は3連休パスしたのでストレス溜まっております。今週末はヒラメ釣りたいな~

  2. Gaku より:

    すてきちさん、コメントありがとうございました。釣果がいつもと変わらず、サイズが悪いので、貧果感が強かったですね。
    イサキジギングですか。確かにタングステンジグのサイズはイサキには効果的かもしれません。ぜひ試してみてください。確かにロストの危険性は高いですけどねえ・・・
    私はダイソー100円ジグで頑張ります。
    ステキチさんの外房情報楽しみにしていますね。

  3. 3.5馬力 より:

    ガクさん我々の翌日出られたんですね。シロムツパクリは私と同じでサメが結構いる感じですね。次回はジギングで大物狙いましょう。という私も根性無く、1時間もやって反応無いと疲れと諦めで深場に浮気しよーかなーとなってしまいます。大鯛と青物いるようなのでバロンさんを見習って頑張りますか。

  4. Gaku より:

    3.5馬力さん、コメントありがとうございます。サメって、シロムツの頭が不味いのを知っているかのように、下半身だけ上手く食っていきますよね。頭だけ上がってくると本当に悲しいですね。
    本当に私は根性なしで、昔からルアーとかジグのように繰り返し働くのは嫌いで、餌を付けて下ろして待つのが好きです。でも、今の時期、マダイを釣ろうと思うと、餌では外道が多すぎて難しいですね。青物も釣りたいし、もうちょっと頑張ってみようかなあ。

  5. あひ より:

    おはようございます~♪

    マイクロジギング流行ってますね。
    陸っぱりの頃は、30~60gのジグをガンガンキャスティングしてましたが、ボートを始めてからは80~150gに移行したので、軽いのはすべて道具箱で眠っています。
    それでもいいんでしょうが、やはりタングステンのサイズがいいんでしょうね。
    値段が値段だから、買っても恐ろしくて使えないと思います。

  6. Gaku より:

    あひさん、コメントありがとうございます。そうなんです。私の周りはマイクロ大流行です。でも、タングステンは高くて・・ジグパラの安いの数個だけ買ってみようかな~~とか思っていますが、あひさんはタイラバも自作でがんがん釣っておられますし、高いジグを買う必要は無さそうですよね。やはり腕が一番重要だと思うので、当面静観するつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください