夏以来の内房釣行

前回の釣行から二ヶ月近く釣行できませんでした。秋は仕事が忙しいのと、週末ごとに天気が悪かったり風が強かったりで、日程が合いませんでした。年末、ついに釣行チャンスがやってきました。久々の内房出撃です。

なかなか出撃できない11・12月

11月は3日に出撃した後、結局毎週末天気が悪く、出撃できません。12月の半ば、やっと出れそうな予報です。

12月11日水曜
「きむです。今度の日曜は高気圧に覆われて安定しそうですね。ようやく行けるかな?」
「Gakuです。金曜と土曜は良さそうですね。日曜の予報待ちです。」
12月13日金曜
「きむです。日曜行けそう?」
「Gakuです。風が強いね。外房なら出れるかもしれないけど、内房は無理そう。明日判断ですね。」
「了解です。明日判断しましょう」
12月14日土曜
「きむです。明日は館山は昼まで風が強そうですね。Yahoo!の予報だと外房は9時以降なら風4後3mで行けそうな感じですがどうかな 。」
「Gakuです。内房は全くだめだね。外房は出れなくはないけど、無理して出るほどの魅力がないなあ。ここのところ外房ばかりだからねえ。」
「じゃあ明日は中止にしますか?」
「そうだね。無理していくほど快適じゃないと思うよ。」
「了解です」
「次にきむさんが行けるのは来週の日曜?」
「来週は行けません。次は28日の土曜から30日の月曜が今年最後のチャンスになります。」

ということで、結局12月半ばの出撃チャンスもつぶれます。15日に外房に浮いたステキチさんは予想外の強風に大変だったようなので、出撃しなかったのは正解でした。

翌週は娘と沖縄旅行。この沖縄旅行で釣りをするべく、下の釣りに予約をします。二時間で食わせ釣りの体験です。お手ごろですよね。

https://www.asoview.com/item/activity/pln3000027617/ 

しかし、沖縄も雨です。風も強いようで、前日に出航不可能との連絡が来ました。残念です。

結局沖縄ではちゅらうみ水族館で魚を愛で、市場で沖縄の魚を見学し、これまで食べたことの無かったシャコ貝と夜光貝を食べてきました。シャコガイはとても美味しく、夜光貝は部位によって食感が全く違うのを楽しめました。

魚市場の魚たち
シャコ貝(右)と夜光貝(左)の刺身

やっと出撃できそう

さて、年末です。やっと出撃の機会が回ってきました。早速内房に年末28日から30日の出航の予約をします。すると翌日、30日は漁協が休みなのでスロープも使えないと、わざわざお電話を頂きました。漁協の方、いつもとても親切です。

さて、きむさんと相談です。

「Gakuです。年末は出れそうだね。土曜は駄目だけど、日曜はいけそう。月曜は内房は出れないけど、外房なら出れるよ。」
「きむです。了解です とりあえず土曜は無しですね。その方が準備が慌ただしくないから良いかな。月曜外房でもOKです。イサキ料理のレパートリも増えたから大丈夫。メイチダイはまだ釣れるのかな。」
「Gakuです。今の予報でも土曜は無理ですね。日曜はぎりぎりかな予報待ちですね。」

で、土曜日

「きむです。明日行けそうな感じだけどどうですか? 予報だと館山の方が風は弱そう。」
「明日は大丈夫そうですね。館山で予定しましょう。」
「了解です。ようやく深場ができますね。念のためイサキも準備していきます。」

半年ぶりの館山出撃です。

深場一直線だが・・・

いつも通り出発準備です。ちなみに、なぜかパンクは直ったようで、空気は抜けていませんでした。しかし、二ヶ月ぶりの出航なので色々と不安です。忘れ物が有りそうだし、電気系統は不安だし、で、色々チェックして準備しました。

当日もいつも通りの行動で、港に到着。既に2隻出ているようで、そのうち一隻はsplashさんのようです。準備していると、もう一隻到着。本日出撃は4隻です。

ところが、昨日チェックしたはずの電気系統がまた不調です。結局スイッチを切り離して直結して使うことにしました。これで何とかなりそうです。

今日は3.5馬力さんとbaronさんも出撃しているはずなので、連絡してみますが、返答がありません。

8:30に出航。一路深場を目指します。風も弱く、波も無いように見えたのですが・・・・湾口に近づくと、大きなうねりが入ってくるようになりました。

最初は「深場ならここ」というポイントを目指したのですが、うねりが強くて安心して釣れそうにありません。

「ここは駄目だね。戻ろうか。」

「どこに行く?」

「北からのうねりだから、半島裏の深場に行こう。」

ということで、折角進んだ道を戻ります。ポイント到着は9:00でした。

久々の深場釣り

半島裏の深場にもうねりが来ていますが、釣り難いほどではありません。

「Gakuさん、酔い止め飲んだほうがいいよ。」

「そうだね。これだと酔いそうだね。」

いつも私は内房では酔い止めは飲まないのですが、今日は飲むことにしました。で、早速きむさんが釣り開始です。

私の方はi-pilotでのスポットロックが上手くいかず船がくるくる回るので、なかなか釣りに入れません。

そうこうしているうちに、きむさんに何か釣れたようです。途中で外れたかも・・といいつつも上がってきました。なんと、太刀魚です。

冬なので、太刀魚も深場に落ちている時期ですが、深い200m下から釣れて来たようです。羨ましい釣果です。

i-pilotの不調は、単純なわたしのミスでした。エンジンをニュートラルに入れたつもりが、実は微速前進のままになっていたようで、エンジンとi-pilotが喧嘩をしていたようです。

エンジンを止めると、やっと無事船も止まったので、私も釣り開始です。

しかし、当たりはありません。半年ぶりの深場なので、錘の重さの感覚が分からず、釣れていないのにすごく重く感じて、何か釣れたのかもと思って上げてしまうのです。

きむさんは白ムツをポツポツ釣っています。ヒレタカフジクジラも掛かったようです。私の方はあたりが無く、竿を放置です。

しばらく放置した竿を上げてみると、なんとクロムツがかかっていました。まあまあの良型です。

それだけでなく、針が3本切られています。クロムツに切られたのか、太刀魚か・・・いずれにせよ、それに全然気付けなかったのは、うねりのせい・・ということにしておきましょう。

その後、きむさんがシロムツの3点掛けをしましたが、三匹目のはらわたが食いちぎられて上がってきました。やはり下には獰猛な魚食魚が居るようです。それであたりが少ないのでしょうか・・・

次に私に釣れたのはユメカサゴ。これは下ろした直後に明確なあたりが出ました。

しかし、その後は沈黙です。10時45分までこの場で粘りましたが、波が少し収まってきたので、沖に出ることにしました。

いつもの深場がつれない

次に向かったのは、いつも釣果に恵まれる深場ポイントです。11時過ぎに到着し、12:20まで頑張ったのですが、私に釣れたのは白ムツ1匹だけ。きむさんもユメカサゴなどです。

「深場は駄目だね。太刀魚が入ってるから魚が居ないんじゃないかな。」

「そうだね。ポイント変更する?」

「イサキポイントは行ける?」

「この波なら行けそうだね。」

「じゃ、イサキ釣って帰ろう。」

ということで、イサキポイントに向かいます。

イサキポイントは急流で釣れず

イサキポイント到着は12:40分です。しかし、魚探にイサキの魚影は出ません。うっすら出た魚影できむさんが釣ってみますが、何も釣れません。

そのうえ、流れが速すぎて、i-pilotが全力で動いているのに止まることができません。仕方がないので、私は操船に集中してポイント上に止まり、きむさんに釣ってもらうことにしました。

で、きむさんが群れの中から釣り上げたのは、なんとメイチダイ。イサキは居ないようです。次の群れではウマヅラ。まあ、ウマヅラは魚探の魚影からも予測できました。

私の方は操船だけだと退屈なので、片手で出来るカサゴ釣り仕掛けを出して見ます。

すると、何か魚が掛かりました。上がってきたのは・・アカエソでした。

「ここ駄目だね。」

「ウマヅラポイントに行かない? あそこならipilotで止まれるよ。」

「そうだね。久々にウマヅラ釣って帰るか。」

ということで、13:10にこのポイント諦め、ウマヅラポイントに向かいます。

狙いが当たってマハタ

13:30にポイントに入ります。群れがいました。早速きむさんが釣りはじめます。上がってきたのは待ち望んでいたイサキです。

「今日はイサキはここに居たか。Gakuさんもイサキ釣りしなよ。入れ食いだよ。」

「う~~ん、ちょっと考える。」

といいつつ、まずは先ほどのカサゴ釣り仕掛を落としてみます。

すると、何か掛かりました。巻き上げ始めると、途中で強い激しい引きです。突然だったので、対応できず、魚が逃げます。ドラグを緩めておかなかったのが失敗でした。

ところが、巻き上げてみると、まだ魚はついていました。しかし、これはリリース決定魚です。ミノカサゴです。

カサゴの仲間なので食べることは出来るようですが、あまり美味しくないようです。とげの毒は強力で、刺さると危険なので、針を外して放流です。

仕掛を調べてみると、二つ目の針が取られていましたので、ここに大物が掛かって、その魚は切って逃げたのでしょう。カサゴ狙いの仕掛なので、ハリスが細かったのが失敗でした。

何か大物がいることは分かったので、今度は深場で使っていた仕掛けをそのまま落としてみることにしました。餌も深場釣りの時に付けたままです。仕掛を出した後に、錘も付け替えずに落としたことに気付きました。この場では錘が重すぎです。

仕掛けが着低して、仕掛けを振ると、早速当たりがありました。底に引き込むような強い当たりです。これはマハタの当たりです。よし、と思い巻き上げ始めます。ただ、錘も120号をつけたままなので、魚の重さが良く分かりません。

それなりに強い引きで抵抗しますが、錘の重さかもしれません。ゆっくり巻き上げていると、途中で急に抵抗が大きくなります。ドラグを引き出す強さです。錘が重すぎるのもあり、なんだか良く分からなくなります。

マハタなら、ある程度巻き上げれば、水圧変化で弱るはずですが、全然弱りません。何だろう・・・と思いつつ、きむさんにタモの準備をお願いします。

徐々に上がってくると、魚の背中が見えます。青い線です。

「あ、シイラだ。」

「Gakuさん、またシイラ?」

「違うかな? ああ、イナダだ。」

ということで、上がってきたのはイナダでした。

イナダを取り込んで血抜きをしつつ、残りの仕掛を取り込みます。すると、一番下の針に、もう一匹魚がついていました。マハタです。こちらは完全に水圧負けで口から浮き袋が飛び出ています。

やはり、最初に掛かったのはマハタで、マハタとやり取りしているうちに、上の方の針にイナダが食いついたようです。

この一荷で正月用の食材が揃いました。もう十分です。きむさんのほうのイサキも釣れなくなって来たようなので、14:30に納竿としました。

帰り際に携帯をチェックすると、3.5馬力さんとbaronさんも深場にいたようです。やはりうねりに苦労して、携帯への対応ができなかったそうです。お会いできず残念でした。

港に戻ると、splashさんのトレーラーも既にありませんでした。こちらもお会いできず残念でした。

今日の釣果

ということで、今日の私の釣果は、イナダ、クロムツ、シロムツ、マハタ、ユメカサゴ、ミノカサゴ(リリース)、アカエソ(リリース)の7種各一匹でした。

キムさんはタチウオ、イサキ、メイチダイ、ウマヅラハギ、ユメカサゴ、シロムツ、ヒレタカフジクジラのやはり7種ですが、私と2種しか重なっていないのが面白いですね。数は圧倒的にきむさんでした。

きむさんと、ウマヅラハギ⇔シロムツのトレードをして、5種5匹を持ち帰りました。

初日は家内と二人だったので、イナダのカマ焼きと刺身半身で十分なおかずになりました。

翌日娘も帰ってきたので、イナダ、マハタ、ウマヅラを刺身に、クロムツ、ユメカサゴなどは煮付けになり、食卓を飾りました。

これで今年の釣りは終わりです。来年はもっと釣りに行けると良いなあ・・・

Follow me!

夏以来の内房釣行” に対して 6 件のコメントがあります

  1. すてきち より:

    今年最後の釣行お疲れさまでした。

    多種多彩でGakuさんらしい釣り模様でした(笑)
    深海仕掛けでイナダとマハタとは驚きです!サバタン?は万能ですね。

    本年もお世話になりました。来年もよろしくおねがいします!
    良いお年を!

  2. あひ より:

    こんにちは~♪

    ヒレタカフジクジラ?
    クジラが釣れるんですか??
    私も館山メインですが、釣り物が似ているようで違うのは大変興味深いです。
    来年はぜひ1度お会いして情報交換したいです!!

  3. Gaku より:

    すてきちさん、コメントありがとうございました。私の釣りの嗜好は「調理しやすく美味しい魚」なので、30センチくらいのサイズの魚が数種類揃うのが理想で、年末の釣りは理想的な釣果でした(笑)本当にサバタンは万能ですね。ちなみに半年以上前の春頃釣った冷凍サバの切り身です。
    ばたばたしててステキチさんのサイトも読んでなかったのですが、最近は良く出ておられるのですね。釣果もよくてさすがという感じです。また外房行きますので、今年も宜しくお願いします。

  4. Gaku より:

    あひさん、コメントありがとうございました。29日は久々の好天だったので、あひさんがいるのではと、二人乗りのボートを見つけて近づいてみたのですが、さぶろく丸ではありませんでした。残念。港が違うので、海上でお会いするしかありませんが、今年はぜひ見つけて、タイの釣り技をお聞きしたいです!! そういえば、ヒレタカフジクジラ、ぼうずこんにゃくさんのサイトでも名前の由来は不明とありました。あんな小型の深海ザメを鯨と呼ぶのは不思議ですね。

  5. 3.5馬力 より:

    ガクさんお疲れ様でした。ラインもらいましたが海況悪くバロンさん共々バタバタで返信する事が出来ませんでした。終わり良ければ全て良しの結果のお魚つれましたね。今年も楽しく釣行したいですね。宜しくお願いします。

  6. Gaku より:

    3.5馬力さん、コメントありがとうございました。こちらもbaronさんのお返事を確認したのは一時間以上後でした。うねりにいじめられましたね。
    今年も宜しくお願いします。4月以降の3.5馬力さんの大活躍期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください