娘たちとイトヨリ釣り

10月の週末も悪天候が続きますが、やっと出撃することができました。といっても波があるので、湾奥の浅場釣りです。今回は娘のあゆみとそのゲスト君の2人を連れて、接待釣行??です。珍しい釣果は期待していなかったのですが、初物が釣れて満足の釣行でした。

週末の天気が悪い

10月は7日の金曜に3.5馬力さんと釣行して以降よい週末がありません。きむさんとの釣行も、Fukuさんとの釣行も出来ませんでした。

この週末は、天候さえ良ければ、土曜はきむさんと出撃して釣りまくり、日曜はゆっくり娘の接待釣りに徹する二日連続釣行の予定でしたが、土曜の予報がイマイチです。

天気予報を見続けたものの、やはり駄目ということで、土曜のきむさんとの釣りは中止になりました。

日曜は風も弱まり、波も低くなる予報なので、何とか出れそうです。娘は船に酔い易いので、波があるのは心配ですが、最悪湾内で釣ればいいかと出撃を決めます。

当日はいつもより30分遅めに出発。現地に到着して準備していると、娘たちもやってきました。一時間前に酔い止めを飲んできたとのことで、体調もばっちりです。

昨日天候が悪かったので、今日にした人が多いのか、港には既に沢山のトレーラーが並んでいました。

ゆっくり準備して、9時前に出港しました。

港で船の整備をしていた方が、

「今日は白波が立ってるよ」

というので、気になりながらの出港です。

カワハギ発見できず

港を出ると、すぐに赤いトムボーイが見えます。Splashさんです。今日はゲスト連れのようです。

「こんにちわ。どうですか。」

「今日、天気予報と違って波が高いんですよ。で、ここで釣ってるんです。」

「キスですか?居ます?」

「ポツポツですね。」

ということで、いつもなら荒波に突進?していくSplashさんも、ゲストの方がいるので、波の無い堤防陰でキス釣りを楽しんでいるようです。

我々は、まずはアジ釣り場・・と思ったのですが、その前にカワハギ釣り場にカワハギを探しに行ってみることにしました。

カワハギ釣りは一年ぶりです。娘と、娘のゲスト君に並んで釣ってもらいます。カワハギ釣りは仕掛けが絡む心配が小さいので、並んで釣れるのがいいですね。

最初に当たりをかけたのは娘でしたが、上がってきたのはササノハベラ。

次もトラギスで、カワハギは掛かりません。

唯一5センチほどの小型のカワハギがかかったものの、カワハギらしい当たりも一度しかなく、だんだんとフグ(キタマクラ)が増えます。

私もあゆみの竿を借りて釣ってみましたが、あえなく餌を取られて終わりました。一年ぶりのカワハギ釣りでしたが、次回にもう少し真剣に釣ってみることにします。

最後にあゆみがチャリコを釣ります。で、ゲスト君がキタマクラを釣ったところで、カワハギは諦め、サバを釣ろうということで、イトヨリポイントに向かうことにしました。

イトヨリポイントへ

風は北風で波も弱まりません。流されながらイトヨリポイントに向かうことにします。

二人にオキアミで仕掛を出し、少しずつ南に流れます。

すると、あゆみの竿に当たりが出たようです。結構よい引きで、抵抗しています。

狙い通りサバかなー~~と思ったら、上がってきたのは大型のイトヨリでした。

40cm超えのでっぷリ太ったよいサイズです。これでお土産確保で安心です。

この場所のイトヨリは定番とはいえ、嬉しいですね。

しばらくして、あゆみがまた何か掛けます。今度はなかなか抵抗が弱らないので、イトヨリではなさそうです。今度こそサバかな、と思ったら、なんと良型のアジでした。

このアジも、40cm近いサイズで、魚屋でもなかなか見れないサイズです。

これでもうお土産は十分なので、もう止めてもいいねって感じです。

その後は、エソしか釣れなくなったところで、一旦トイレ休憩に入ることにしました。

港の近くで釣っているので、トイレに戻るのも10分もかかりませんから、気楽に戻れます。

トイレの近くに接岸して、交代でトイレ休憩です。

初物に驚き

トイレ休憩を終えて、今度はイトヨリポイントの真上に直接戻って、釣りはじめます。

この釣りは二人で並んで釣ると絡むので、オートパイロットで、ゆっくり北に進みつつ、左右に分かれて釣ってもらうことにしました。

私はカワハギ仕掛けを出してみたり、ダイソー100円ジグを投げてみたりしましたが、当たりはありませんでした。

遠くにもう一台tomboyっぽい船が見えます。黒く見えるので、ステキチさん?とも思いましたが、今日は外房も出れるはずなので、ここに来ているはずがありません。

きっと黒く見えるけど、実は青のごとうさんじゃないかな、と話していたら、やはりごとうさんでした。帰りがけに寄ってくださいました。

ごとうさんは今日はアオリイカを確保したそうです。

あゆみが、ごとうさんの船の桜吹雪がかわいいと喜んでいました。

さて、釣りのほうは、エソがポツポツです。結構サイズのいいエソも来るのですが、蒲鉾つくりは面倒なので、リリースです。

あゆみはポツポツとイトヨリも釣ります。

しばらくして、あゆみが「ちょっといい当たり」と巻き始めます。

またイトヨリかな、と思ったら、上がってきたのはタイでした。尾びれの先が黒くないのでチダイですね。このサイズは塩焼きにぴったりのサイズでうれしいですね。

その後しばらくして、またあゆみが何か掛けます。

「あんまり強くない。小さいイトヨリかな。」

といいつつ巻きます。しかし、海面下に見えたのは、赤い長い魚です。

「なんだ?見たことのない魚だ。」

「え~~リュウグウノツカイの赤いのみたい。アブラボウズの赤いのとか?」

「なんだろうねえ・・・」

調べてみようってことで、私とゲスト君が、それぞれネット検索です。私の方は、なんとなく体形がギンポに似ていたので、ギンポの仲間を調べます。

ゲスト君は、赤い長い魚で検索したようです。

この検索勝負は、ゲスト君の勝ちでした。

「これじゃないですか?」

見せてくれたのは、「アカタチ」の写真です。

アカタチは日本では見たことがありませんでしたが、パリの魚屋には売っていたので、現物を見たことがあります。しかし、それは30センチ程度のもので、こんなに大きくなることは想定していませんでした。

でも、確かに、この魚、アカタチの仲間ですね。

あゆみは初物に喜んでますが、食べれるかどうかわからないから、私にくれるそうです。

持ち帰ってから色々調べてみましたが、アカタチにしては、側面の黄斑がないし、イッテンアカタチにしては背びれの黒斑がないし、スミツキアカタチにしては口の黒斑や体側の白斑がないし、いずれにせよ大きすぎるし・・・・で、いまいち同定できませんでした。

背びれに赤い斑紋のある70センチ近いアカタチの科名をご存じの方、教えてくださいね。

あゆみはその後も好調です。次はタマガンゾウビラメを釣ります。

ぽつぽつと色々釣れるので、酔うこともないようで、今日は快適に釣り続けています。

しかし、ゲスト君の方はなかなか釣れません。

針掛りしても、最後に外れたりしています。

あゆみが、「経験の差だね。私は25年釣ってるからね。先月初めて釣りして、オヤビッチャしか釣ったことのない人には負けられないよ。」とゲスト君をフォローしてます。確かにあゆみは幼稚園児の頃から釣りしてますからねえ。

釣果のうち、釣り上げると弱るイトヨリなどはクーラーに直行したものの、元気な魚は生簀に入れておいたら、水族館化してきました。最初に釣ったベラやトラギスも入っています。あゆみはベラも好物だし、トラギスも美味しいと言ったら、食べてみるそうです。

その後、あゆみの好きな?クサフグも釣れて、膨らませて楽しんでいました。

ゲスト君も、ついにオキイトヨリを釣ります。船長もほっとしました。

その後、エソなどを釣りましたが、今日は船の洗い場が混みそうなこともあり、13:30に納竿としました。

今日のゲスト二人の釣果

今日の娘とゲスト君の二人の釣果は、イトヨリ3匹、ソコイトヨリ3匹、トラギス2匹、ホシササノハベラ1匹、アカタチ1匹、タマガンゾウビラメ1匹、マエソ5匹(リリース)、チダイ2匹、アジ1匹、カワハギ1匹(リリース)、キタマクラ2匹(リリース)、クサフグ1匹(リリース)でした。ずっと浅場の25mで釣っていた割には、良い釣果でした。

港に上がったところで、漁協の知り合いの方からカンパチを頂きました。今日は私は獲物がなかったので、ありがたいです!!

で、私の持ちお土産持ち帰り(私の釣果ではありません!!)は写真のように、結構タップリでした。頂いたカンパチは半身をあゆみと分け合いました。あゆみが、母親にタイの塩焼きを食べさせたいということで、塩焼きサイズのタイは我が家に来ました。

で、タイは塩焼きです。

あゆみの方ではベラとトラギスが塩焼きになったようです。

アカタチは刺身にしたら、白くて奇麗な身でした。味は普通かな。

タマガンゾウビラメも刺身にしました。葉っぱの上に見えるのはエンガワです。

あゆみの方はアジとイトヨリとチャリコが刺身になったようです。アジはたたきとナメロウにもなったようで、大きなアジだと一匹で色々楽しめますね。

煮つけは定番のイトヨリとアカタチです。アカタチの煮つけはなかなか美味しくて、感動的でした。

ということで、私自身は坊主ですが、楽しい一日でした。カワハギが釣れなかったのが残念です。カワハギポイント探さなくっちゃ。

Follow me!

娘たちとイトヨリ釣り” に対して 2 件のコメントがあります

  1. Fuku より:

    Gakuさん
     ご息女との釣行羨ましい限りです。私もいつか娘との釣行を夢見つつ、今は育児に専念しております!
     ゲスト君とは、まさか例のご息女のBFでしょうか?!だとしたら、Gakuさんの懐の深さを改めて実感致します(笑)。
     実は今回の釣行記に出てくる「ごとうさん」と11/1(日)の出漁で偶然にも海上でお話する機会があり、Gakuさんとの話や釣り情報等々でしばらく話し込んでしまいました(笑)。繋がるべくして人は出会うのだなぁ、なんてことを感じざるを得ませんでした。
     未だご一緒させて頂けていない貴船での釣行を心待ちにしております!

  2. Gaku より:

    Fukuさん、コメントありがとうございます。日曜に出たのですね。私は日曜は仕事で出られず、月曜は風の予報が悪くて諦めました。ごとうさんも出てたのですね。いいなあ・・・
    Fukuさんの娘さんも釣り好きに育つといいですね。ポイントは初めての釣りで楽しさを知ることですから、初回の場所選びが肝です。今からポイント探しておきましょう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください