ワカサギ釣りは惨敗

今週末は風が強くボートが出せません。そこで、年に一度の恒例ワカサギ釣りに行ってみることにしました。きむさんとともに、霞ヶ浦の昨年釣った場所に参戦です。まずは土浦のキャスティングで餌を調達します。

きむさんは赤サシ、私は赤虫にしました。

 

一年ぶりのワカサギ釣り場

釣り場到着は午後1時30分頃でした。昨年釣った場所が分からず、ちょっとうろうろします。

やっと見つけると、今年も釣り人がいました。

しかし釣れている様子はありません。

我々は昨年入った港の外側に入ります。

こちらにも釣り人は居ますが、釣れていません。

とりあえず竿を出して、昼食のお弁当を楽しみます。

周りを眺めても、誰も釣れていません。

しばらくして、置き竿にしておいた竿が、水中に落ちます。何かが掛かって、竿を引いたようです。

沖に出ていく竿を、何とか別の竿で止めて回収しましたが、仕掛けは途中で切られていました。ブラックバスでも掛ったのでしょうか。姿が見れず、残念でした。




場所を移動してみたものの

船溜まりの方を除いていると、港の奥に陣取っている釣り人が、時折魚を釣っています。

そこで、その近くに移動してみることにしました。

竿を入れて、ゆっくり誘っていると、当たりです。

ついに来たか、と思ったのですが、上がってきた魚は体高があります。

残念、タナゴでした。体高があるバラタナゴですね。

それでも、魚が釣れて嬉しかったので、釣り続けると、また当たりです。

今度はモツゴ(クチボソ)です。

ワカサギはどこに行ってしまったのでしょうか。

ぽつぽつ魚を釣っていた近くのおじさんも、「クチボソの当たりしかねーよ」と叫んでいます。

今日はワカサギは居ないようです。

日が傾くまで頑張りましたが、結局ワカサギの姿を見ることはできませんでした。

残念。

 




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。